ブログ

マラソン・フィットネスブームについて

近年、ベトナムではランニングやマラソンが急速に普及し、多くの人々が健康維持や精神的な充実を目的に参加しています。ランニングは単なるフィットネスの手段ではなく、現在では幅広い年齢層に受け入れられるポピュラーなスポーツ、ある

ベトナムにおける健康志向の高まりとその影響

近年、ベトナムでは健康に対する意識が高まっています。経済成長と生活水準の向上に伴い、多くのベトナム人が健康的なライフスタイルを求めるようになってきています。このブログ記事では、その背景と具体的な動向、そしてこれが社会に与

拡大する非現金決済の状況とは

ベトナムでのここ数年の大きな変化といえば、「非現金決済サービス」の浸透が挙げられます。以前は、“ベトナム消費者は現金主義なので、カード払いも浸透しないので、非現金決済は進まない”というような言説がありましたが、大きく状況

“世界遺産”ハロン湾に行って来ました!

ベトナムの世界遺産は全部で8つあります。ハロン湾は1994年に世界遺産(自然遺産)に登録されました。ハロン湾は、ベトナム北部のクアンニン省にあり、ハノイからだと車で約3時間で行けます。 ハロン湾の名前は、「龍が降り立つ」

フットサルしてきました!

フットサルをしてきました。   ベトナムで人気なスポーツと言えば・・・・・サッカーです!!街中にもサッカー場やフットサル場があり、サッカー選手に憧れる子供達も多くいます。 ベトナムは米国系調査会社ニールセンが2022年に

巨大みかんジュースに初挑戦

弊社が入居している建物の玄関付近には、美味しいミカンジュースが販売されています。ミカンはベトナム国内でも多く栽培されている果物です。日本の温州ミカンと似ている品目としては「Quýt hồng」と呼ばれるマンダリンオレンジ

丸亀製麺行ってきました!!

丸亀製麺は海外8の国と地域、244店舗(※2023年9月現在)に展開しております。ベトナムにも13店舗もあります。今回は、MARUGAME UDON Aeon Mall-Tan Phu Celadonに行きました。 注文

ベトナムの「ヒトカラ」事情

皆さん、日本で「カラオケに行こう!!!」ってなったら、頭の中でどのような場所に行くことを想像しますか!? おそらく大半の人が、「まねきねこ」や「ビックエコー」、「JOYSOUND」、「カラオケ館」などの、店舗型のカラオケ

都市化率で見るベトナムの潜在的な成長性

タイ52.16%、マレーシア77.70%、ベトナムは38.05% ベトナム北部2号店となるAEON MALL Ha Dong ベトナムの米輸出が拡大しているというニュースが国内で報道されています。 ベトナムは、東南アジア

観光客目標はほぼ達成、さらなる成長は

ベトナムは近年、工業化を推し進めていますが、その一方で海外からの観光客増にも取り組んでいます。その状況が2023年9月にVNExpressの記事になっていました。 1月~8月で、2023年の年間目標の98%に到達 ベトナ

中国の日本産水産物禁輸措置による恩恵は?

放射能汚染への懸念を理由に中国が日本産水産物の輸入を禁止したことにより、ベトナム企業側としては、より多くの製品を中国向けに輸出するチャンスだが、中国の需要が減少しているため、その伸びはわずかにとどまっていると、VNExpressが報じました。

台湾へ行ってきました!!

日本のお盆の期間で、ベトナムから台湾に社員旅行に行ってきました。 お盆期間ということもあり、日本からも大勢の旅行客が来ていました。 台湾旅行期間の天気予報は雨マーク☔ 天気予報通り、台湾到着時は雨が降っていました。😞😞😞

ベトナムのEV市場

皆様、ベトナムのメインの交通手段と言えばどの乗り物を連想しますか? ①   車 ②自転車 ③バイク 正解は③のバイクです。 ベトナムは二輪大国として知られており、二輪車の販売台数は中国、インド、インド

ベトナム伝統的な競技「棒押し」

読者の皆様は、ベトナムの伝統的な競技デイゲイ(Đẩy gậy)をご存知でしょうか。 全国大会の結果を報告するハドン省のWEBサイト これは、武道の一種で、日本語でいうと「棒押し」といったところでしょうか。二人の競技者が木

まさに”Amazing!!” ベトナム最大級のウォーターパーク

ホーチミンは雨季に入り1年で1番暑い時期を迎えていますが、今年は観測史上最大の暑さと言われており本当に暑いです。ホーチミンは常夏ですが、やっぱり夏=プールということでドンナイ省にあるベトナム最大級のウォーターパーク「Am

“メコンデルタの入口”ベンチェ省の様子

皆さん、ベトナムでベンチェ省という場所の名前を聞いたことありますでしょうか?(聞いたことがある方はかなりのベトナム通ですね 笑) 先月ベンチェ省に出張で行ってきましたので、今回のブログでは「ベトナム未開の地?」ベンチェ省

世界最大規模のエビ養殖池視察

ベトナムはインド、エクアドルに次いで世界第3位のエビ輸出国で、欧米や日本・中国・韓国にエビを輸出しています。そんなエビ大国ベトナムで最も大きなサプライヤーがMinh Phu(ミンフー社)になります。今回はバリアブンタウ省

“小売り業界の王者”、海外出店でも攻勢

モバイルワールド、合弁でインドネシアに出店 ベトナムでは、経済成長に伴い、国内企業が成長を遂げてきております。政府の後押しもあり、国内市場だけでなくベトナム国外への進出も進んできております。 家電小売最大手のモバイルワー