ベトナムでは、『サイゴンビール』『タイガービール』など、国産ライトラガーを中心とした代表的なビールブランドが人気ですが、それ以外の海外産の輸入ビールも流通しています。 

メキシコのコロナビールやベルギーのLeffeなど、有名ブランドの製品は、ホーチミンの代表的な輸入食品商社・小売であるAn Namなどを中心に卸売・小売販売されており、また、輸入ビールの一部は、Co.op MartAEONモールやBIG Cなどのスーパーマーケットで広く取り扱われており、ファミリーマートなど都市部のコンビニエンスストアでも販売されています。 

販売価格は、Chimay(330 ml)58,000VNDCorona Extra(355 ml)45,000VND ドイツのHarboe Bear(500 ml)44,000VNDほどで、これらは『サイゴンビール』のSaigon Special Beer(330 ml)13,900 VNDと比較すると、かなり高価ですが、中間所得者以上をターゲットにした輸入食品販売店が増加している事から、展開量が増え続けています。 

また、ベトナムの都市部では、2015年頃から、Heart Of Darkness』『Pasteur Street Brewing Company te te』『7 Bridges Brewing Co』などの国産クラフトビールブランドが誕生しており、 多くのレストランやバーのメニューに採用されています。 

また、品質も評価されていおり、『Heart Of Darkness』は、ベトナムを拠点に、香港、 カンボジア、日本、シンガポール、台湾、タイに輸出されて販売されています。

Heart Of Darkness』や『Pasteur Street Brewing Company』『te te』などの国産クラフトビールの代表的なブランドは自社で料飲店の運営も行っております。 

ベトナムは東南アジアで随一の消費量を誇り、日本のビール企業の調査では、 2018年には前年から7%の伸びを見せています。 

世界のビール消費を牽引するトップ2である中国と米国のビール消費量が落ちていることもあり、ベトナム市場はグローバル大手や新興ベンチャーから注目を集めております。 

ビール市場の簡易調査を実施いたしました。

下記URLより、小売各社の店頭情報やブランドマトリックスを含んだ【ビール市場の簡易調査レポート】がダウンロード可能です。

ぜひご参考ください。  

 

【ビール市場の簡易調査レポート】 

調査日程:20209 

調査場所:ベトナム・ホーチミン市内 

調査内容:ビール店頭調査、商流調査、ビール市場の概略 

 

市場調査のご相談、承ります MAI INTERNATIONALでは、「B to B」、「B to C」の様々なベトナム市場調査が可能です。 

ベトナム市場調査を進出前にしっかりと実施する事で、商品の市場性を確認する事ができる為、進出に伴うリスクを軽減する事が可能です。

ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。 

 

【市場調査に関する特設ページ】