Business Matching

ビジネスマッチング

OEM委託加工先候補とのビジネスマッチング

昨今、中国での人件費高騰の影響を受け、多くの日本企業がベトナムへOEM委託加工先を移そうと考えていますが、候補企業の情報を集める際に、英語でウェブ検索を行うと満足に情報が出てこないという問題があります。MAI INTERNATIONALでは、その様なお客様へ、候補企業のリストアップ、ご出張時の通訳アテンド、ご帰国後のアフターフォロー等のビジネスマッチングサポートを提供させて頂いております。 また、候補企業との商談が成立し、実際に生産を開始する際、ご希望がございましたら、生産管理代行を行わせていただいております。 日本のメーカーに所属し、中国、ベトナムにおいて、日本向け消耗品のバイヤーとして活動していた経験を活かし、お客様と候補企業のビジネスが成功するよう、全力でサポートさせて頂きます。

ベトナム市場でのディストリビューター候補とのビジネスマッチング

ベトナムは人口約9,340万人、平均年齢29.2歳、最近5年間の平均GDP経済成長率は約5.92%と高い水準で推移しており、1人あたりGDPも2015年は2,171USDとなっています。ハノイ、ホーチミン、ダナンの3大都市は、2015年のGDP成長率は、それぞれ8.8%、9.59%、9.28%と高い伸びを示しており、多くの日本企業を含む外資系企業が商品販売を検討しています。

ベトナムのWTO加盟にともない、2009年1月1日より、外資系企業が独資で販売会社を設立する事ができる様になりましたが、個人所得税率の高さから、日本より駐在員を派遣すると多額の経費が掛かります。

例えば、現地法人を設立して活動した場合の費用を計算して、1年間に2,000万円かかるとします。その場合、粗利20%のビジネスであれば、損益分岐点まで1億円の売り上げが必要という計算になると思います。業種にもよると思いますが、現地法人を設立して、初年度から1億円の売り上げを出す事は、なかなかハードルが高いのではと思います。

MAI INTERNATIONALでは、ベトナム市場で商品販売を検討されているお客様へ、ディストリビューター(輸入販売代理店)候補とのビジネスマッチングサポートを提供させて頂いております。

ディストリビューターを使う事のメリットは、現地法人を設立する場合より、経費を抑えて商品販売を行う事ができる事で、いわばベトナム市場調査を行いながら、実際に売り上げを立てる事ができるという事です。

業務提携先候補とのビジネスマッチング

前述した以外にも、ベトナム市場においてフランチャイジー候補を見つけたい、ベトナム企業でよいパートナーを見つけて合弁会社を設立したいなど、お客様の様々なご要望にお応えするべく、MAI INTERNATIONALでは、ビジネスマッチングのサポートを提供させて頂いております。

ビジネスマッチング事例

家電メーカーA

かねてより、ベトナムで販売を考えており、輸入した海外製品を販売できるディストリビューターを探していた。ただし条件があり、これまでもすでに日本企業とビジネスをしたことがあり、英語での商談に対応できる企業とのことだった。弊社で条件に該当するポテンシャルのあるベトナムのディストリビューター企業をリストアップし、同行の訪問商談後にその中の1社と契約成立に至った。

食品メーカーB

ベトナム国内に生産工場を持ち販売していた。卸業者を増やそうとしていたが冷蔵設備が必要な商品であるために、衛生面で相手先と条件が合わず、販売網の拡大に苦戦していた。弊社でベトナムで活動している小売企業をリストアップし、直接小売企業への販売に方針を切り替えて、同行の訪問商談後にその中の1社と契約成立に至った。その結果、出荷拡大に結びついた。

医薬品メーカーC

人口減少や消費減退など今後の日本の市場のシュリンクに対して、ベトナム進出への準備に取り組んでいた。ところが、医薬品経験のある実力あるディストリビューターをベトナムで見つけられていなかった。条件は、海外の医薬品を正規輸入して販売している経験があることだった。弊社でベトナム国内の該当企業をリストアップし、契約成立に至った。